2013年6月アーカイブ

カードローンのキャッシングでも、クレジッドカードのキャッシングでも、融資枠が少ないと一般的に金利は高く設定されています。利息制限法でも借入元金が少なくなると、設定されている金利も高くなっている事にも影響しています。複数のローンを支払っていると毎月の返済額も高くなります。

ここで、生活費 多重債務おまとめローンに変更しますと、融資枠が大きくなるだけでも適用される金利は、低金利になります。その上銀行系のローンは全体として、元々低金利の体系ですので、一層低金利になります。毎月の返済額も下がりますし、残高スライド方式の返済方法ですので、返済も急ピッチで進めます。返済が早くなり、毎月の返済額も低くなります。元金の速度が進めば、支払う利息も当然減少していく事になる訳です。

審査は、やや厳しくなりますが、事情をよく説明すれば、返済するのに十分な収入や返済資質つまり信用に問題がなければ、理解してもらえると思います。低金利のおまとめローンに一括すると、メリットが多いと考えられます。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。