2014年10月アーカイブ

マージンコールリスク

マージンコールリスクは、FXやくりっく365 比較が独自に設定したマージンコールの基準に達した場合に、取引を行うトレーダーがリスクを背負い、証拠金を追加しなくてはならなくなるリスクのことを言います。
FX 比較すると、マージンコールの基準は、FX業者ごとに規定が異なっていますが、マージンコールそのものが設けられていないところもあります。投資して、残金がある一定の基準になった場合に、メールや電話などでFX業者から通知されます。くりっく365でも同様にこの段階で取引をストップすれば、これ以上リスクを出さなくてよいことに気付いた時点で、リスクが軽減されます。この時点では、トレーダーの判断で取引をストップするか、追証金を出すかどちらかの選択が可能ですが、最悪の場合は、ロスカットで強制決済されます。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。